現代人は薄毛に悩んでいる、若い人にも薄毛が多い原因とは

現代人は薄毛に悩んでいる、若い人にも薄毛が多い原因とは

薄毛は加齢によって起こるもの、という印象が強いのは、
若い人よりも年齢が高い人の方が薄毛率が高かったからでしょう。
確かに、昔は薄毛は年齢を重ねた人の方が多かったものです。
でも、最近は若い人でも薄毛に悩む方が増えています。
その原因は、大きく分けると3つ考えられます。

 

 

1つは、食生活の欧米化です。
欧米の食事というのは、日本食よりも
糖分や油分が多く使われています。
糖分や油分を摂りすぎると、
血液がどろどろになって流れにくくなってしまいます。
すると、頭皮の血管が詰まってしまうため、
髪の成長が妨げられてしまうのです。
現代人は薄毛に悩んでいる、若い人にも薄毛が多い原因とは
2つ目の原因として考えられるのは、不規則な生活習慣です。
仕事や趣味などで忙しいと、
睡眠不足になったり運動不足になったりします。
睡眠が不足すると、頭皮のターンオーバーが低下して
角質が残ったり、皮脂が毛穴に詰まって頭皮環境が悪化します。

 

 

また、運動不足になると、血流が悪くなったり、
代謝が悪くなるので、頭皮環境が悪化して
抜け毛が増えてしまいます。
3つ目の原因は、紫外線などによる頭皮ダメージです。
顔の紫外線はカットしますが、
頭皮の紫外線カットをする方は少ないでしょう。

 

 

でも、紫外線や大気のホコリ、
ひいては刺激が強いシャンプーなどによって
頭皮は弱ってしまいます。
頭皮が弱ると、毛周期が乱れてしまい、
髪の成長サイクルが短くなり、抜け毛の量が増えてしまうのです。
最近の若い人は、食生活や生活習慣が乱れがちですし、
頭皮ケアをしている方も少ないため、若い人でも薄毛が多いのですね。

 

 

 

⇒ 自分の髪が増える、即効性のある薄毛対策は自毛植毛にありのページに進む

 

⇒  薄毛 対策 のTOPページに戻る