薄毛は遺伝、家族に薄毛がいないなら薄毛対策は必要ないのか

薄毛は遺伝、家族に薄毛がいないなら薄毛対策は必要ないのか

自分が薄毛になるかならないかを考える時、
家族に薄毛がいるかどうかを判断基準としている方も多いでしょう。
よく、薄毛に関しての会話の中で、
「家は家族にハゲがいないから大丈夫」ということをいう方がいます。
確かに、遺伝によって引き起こされる薄毛もあるので、
薄毛が起きた場合は家族の状態を一つの基準とすることは出来るでしょう。
そして、薄毛の原因は遺伝だけ、というのであれば、
家族に薄毛がいないなら薄毛対策の必要はありません。

 

 

でも、残念ながら、薄毛の原因は遺伝だけではないのです。
すでに、薄毛の原因となるものはいろいろ解明されていて、
あらゆる要因が重なって抜け毛は引き起こされます。
生活習慣、食生活、喫煙、アルコールなど、
薄毛が起こる原因にはさまざまなものがあります。
ですから、家族に薄毛がいないとしても、
薄毛対策が必要ないということはないのですね。
薄毛は遺伝、家族に薄毛がいないなら薄毛対策は必要ないのか
もし、遺伝かどうかだけで判断して、
薄毛になってきても何も対策をしないと、
薄毛はさらに進行していきます。
例えば、自分だけ食べ過ぎなどで肥満だった場合、
家族みんなが痩せているからいつか痩せるということはありませんよね。

 

 

つまり、家族に薄毛がいないからといって安心してはいられないのです。
家族に薄毛がいるいないに関わらず、
薄毛になるということは、何らかの原因があるということです。
だから、薄毛は遺伝ということは一つの通説として捉えるだけにして、
しっかりと現実を見据えて、薄毛対策をする必要があるということです。

 

 

 

⇒ 薄毛の主な原因から薄毛対策のスタートをのページに進む

 

⇒  薄毛 対策 のTOPページに戻る