食事改善が薄毛対策に期待できるのか

食事改善が薄毛対策に期待できるのか

抜け毛を増やして薄毛を招く原因の一つとなるのが
食生活です。
食生活による抜け毛の怖いところは、
自分では原因として認識しにくいことです。
加工食品ばかりを摂ったり、油分を摂取しすぎても、
いきなりごそっと髪の毛が抜けるわけではありません。

 

 

だから、抜け毛が増えても、食事に結び付けないので、
改善しないままになってしまうことが多いのですね。
でも、加工食品や油分の摂取過剰は、
確実に髪や頭皮に影響を与えています。
つまり、逆に考えると、食事の改善が薄毛対策につながるのです。
食事改善が薄毛対策に期待できるのか
加工食品にはあらゆる添加物が含まれています。
例えば、防腐剤は食べ物を腐らせないために入っているのですが、
本来腐るものを腐らせないようにする働きをしているということです。
それだけ強い効果で、本来あるべき姿を変えてしまうということですから、
体に良いわけがありませんよね。

 

 

そして、健康に悪影響を与えるということは、
頭皮や髪にも悪影響を与えます。
そんなものをたくさん食べていたら、当然抜け毛が増えてしまいます。
また、油分を過剰摂取すると、
分解が上手くいかずに排出がスムーズに行われません。

 

 

これが、皮脂などに混ざり合うと、
粘着力が高くなってしまうので毛穴に詰まりやすくなります。
毛穴は余分なものを排出する器官なのに、
詰まってしまったら、排出されなくてはいけないものが
排出されません。
それに、皮膚呼吸もできなくなるので、
酸素が不足してしまって血流も滞ります。

 

 

そして、頭皮の状態が悪化してしまうため、
髪も正常に成長しなくなり
抜け毛が引き起こされるのですね。
こういったことから分かるように、
食事改善は薄毛対策に期待出来るのです。

 

 

 

⇒ 薄毛対策は病院で治療、治療法と治療薬のページに進む

 

⇒  薄毛 対策 のTOPページに戻る