タバコが薄毛に関係あるという理由、対策も考える

タバコが薄毛に関係あるという理由、対策も考える

タバコは、とにかく1本でも吸うと、
体に大きな害を与えるものです。
タバコを吸うときに出る副流煙さえ、
人体に害を与えると言われるぐらい悪いものなのです。
ですから、薄毛に悩んでいる方で、
喫煙の習慣がある場合は、タバコと薄毛の関係云々ではなく
すぐに禁煙をしてください。

 

 

と言っても、理由も分からないのに
止めることが出来るなら、とっくに禁煙しているでしょう。
タバコに含まれるニコチンには中毒性があるので、
いざやめようと思っても簡単には止められません。
ですから、タバコを止めるというのは、
本当に自分が危機感を感じないと難しいのですね。
タバコが薄毛に関係あるという理由、対策も考える
まず、タバコで薄毛になるのは、血管が収縮してしまうからです。
タバコは、特に毛細血管など細い血管の収縮をさせるので、
頭部の血行を妨害します。
これによって、頭部に栄養が行き渡らなくなるため、
抜け毛が増えてしまうのですね。

 

 

また、タバコを吸う方は、1日1本ということはないでしょう。
ある程度、一定の時間を置いて吸い続けるため、
頭皮の血行は常に悪い状態になってしまうので、
栄養不足になって抜け毛が促進されるのです。

 

 

そして、もっと直接的な関係を挙げると、
タバコには男性ホルモンを増加させるという説もあります。
男性ホルモンは、毛根にダメージを与えて
抜け毛を増やすジヒドロテストステロンを増加させてしまいます。
つまり、タバコを吸えば吸うほど、
ジヒドロテストステロンが毛根にダメージを与え続けるのですね。

 

 

ですから、いくら育毛をしても効果を得られなかったり、
薄毛がどんどん進行してしまうのです。
これを防ぐ対策は、
とにかく止めることしかないので、
今すぐタバコは捨ててしまいましょう。

 

 

 

⇒ 食事改善が薄毛対策に期待できるのかのページに進む

 

⇒  薄毛 対策 のTOPページに戻る