アルコールは薄毛の原因となるのか、どう対策したらいいか

アルコールは薄毛の原因となるのか、どう対策したらいいか

薄毛の原因はいろいろありますが、
とにかく育毛を邪魔する要因を取り除かなくてはいけません。
ですから、少しでも髪に悪い影響を与える要因となるものを、
きちんと把握することが薄毛対策になります。
その要因の一つとして挙げられるのがアルコールです。

 

 

アルコールは、百薬の長とも言われるのもので、
適度な量であれば、血行を促進したり
リラックス効果を得られるので、
健康に良いと言われています。
でも、摂取量が多いと、百薬の長から有害なものになってしまうので
気をつけなくてはいけません。
過剰に摂取すると、体はもちろん育毛にも悪影響を与えるのです。
アルコールは薄毛の原因となるのか、どう対策したらいいか
その理由は、アルコールを摂取することで作られる
アセトアルデヒドにあります。
アルコールを摂取すると、
肝臓でアセトアルデヒドという有害物質が作られます。
このアセトアルデヒドを無害にするためには、
髪の材料となるシステインが必要になります。

 

 

つまり、アルコールをたくさん摂取して
アセトアルデヒドがたくさん作られると、
髪の材料までたくさん消費されてしまうので、
健康な髪の毛が生えてこなくなってしまうのです。
また、アルコールには、たくさんの糖分が含まれています。

 

 

アルコールの種類にもよりますが、
基本的に穀物や果実が主原料となるので、
普通よりも糖分の摂取量が多くなってしまいます。
糖分は、血中で脂肪に変わるので、
これが皮脂の分泌を過剰にしてしまうのです。
すると、頭皮の毛穴が詰まりやすくなり、
頭皮環境が悪化して抜け毛が増えてしまうのですね。

 

 

ですから、アルコールは飲んではいけない
ということはありませんが、
適量を守って飲みすぎないようにすることが、
薄毛対策の一つとなるのです。

 

 

 

⇒ タバコが薄毛に関係あるという理由、対策も考えるのページに進む

 

⇒  薄毛 対策 のTOPページに戻る